ホーム企業特集 ’ 株式会社フクシン

企業特集 株式会社フクシン

「お客様の声をとりこぼしたくない」8月に就任したばかりの福﨑社長は現在も営業の第一線にいる。顧客満足を追求する会社の考えを社長自ら実践している。

株式会社フクシンは、ファッション手袋の企画、製造、販売を行っている会社で、防寒用の手袋やUVケア手袋を取り扱う。主にファッション専門店やスーパーなど約3,500店に商品を卸している。

顧客満足を追求する株式会社フクシン

「手袋は商品だけでは差別化が難しい」と語るフクシンは「商品の価格」ではなく、商品へ「付加価値」をつけることで他社との差別化を図っている。

「手袋は『売れ行きが気候に左右される』商品だけに当日のうちに発送したい。今日欲しいと思っても、納品が3日後となれば、その時は寒くないかもしれない。そうなれば商品は売れないし、お客様にとって良いことではない。」

納品までの時間短縮を実現するために、独自のトータルピッキングシステムを導入した。導入前より約20%出荷能力が向上したという。取引先からの注文に迅速に対応することもフクシンの付加価値の一つである。

「フクシンと取引することでお客様には儲かってほしい。」その為に、自社の販売方法は崩さない。「値段だけで選ぶなら、海外へ直接買い付けに行く方が安い。値段だけではなく様々なサービス(付加価値)がついた手袋が当社の商品になる。」一見、強情に思われるが、「新規顧客のほとんどが既存顧客からの紹介」というのは、取引先から信頼されている証である。

フクシンは販売がメインだが、自社で製造も行っている。その理由を「お客様の少数意見をメーカーでは製造できないし、小ロットでの対応ができない場合もある。時間がかかる場合もある。自社に製造設備があれば、すぐに作ることができる。」と語る。フクシンは今後も顧客満足を追及していく。

トータルピッキングシステム

納品までの時間短縮を実現するために、独自のトータルピッキングシステムを導入した。導入前より約20%出荷能力が向上したという。
取引先からの注文に迅速に対応することもフクシン付加価値の一つである。

既成概念にとらわれない社員が欲しい

フクシンが掲げる社員の行動指針のひとつに「刷新・改善意識で取り組み、既成概念は持ちません」とある。「先輩のしていることを全てが正しいと思いながら仕事をするより、『もっといい方法があるはず』と常に考えて行動できる人になってほしい。」と理想の社員像を語る。さらに「仕事は楽しくしてもらいたい。それは会社の中だけではなく、フクシンで働くことで生活の全てが楽しいと思ってもらいたい。」60歳で定年にはなるが、ほとんどの社員が自ら希望して働き続けているという。

東かがわ市には産業がある

日本中、世界中を飛び回る社長は東かがわ市について「産業がある田舎は珍しい。」と語る。ほとんどの企業が生産拠点を海外に移転したとはいえ、東かがわ市は手袋シェア日本一のまちである。「地元では『手袋なんか』って表現する人もいますが、産業がないまちはもっと過疎化が進んでいる。1つの会社は小さいかもしれないが、その1社1社が手袋産業を支えていることを忘れないで欲しい。」と東かがわ市への地域愛を語ってくれた。

社長プロフィール

福﨑二郎

代表取締役社長

生年月日 1968年4月17日
趣味 読書、ゴルフ
お勧めスポット 海(ふるさと海岸)
略歴 平成4年4月
武蔵大学卒業後大手生命保険会社へ入社
平成7年10月
同社を退社後、株式会社フクシンに入社(主な業務:営業部長、専務取締役を歴任その間に、トータルピッキングシステムを構築。)
平成23年8月
代表取締役社長 就任
現在に至る

会社概要

社名 株式会社フクシン
所在地 〒769-2705 香川県東かがわ市白鳥78-1
TEL 0879-25-2285 FAX 0879-24-1070
http://fukushin.co.jp/
設立 1978年4月1日設立
資本金 1,000万円
事業内容 ファッション手袋の企画・製造・販売(ファッション手袋専門商社)
従業員 49名
売上高 12億2561万円(2011年7月決算34期)
営業拠点 東京支店(千葉県松戸市)

このページの先頭へ