ホーム特集 › アーバン工芸株式会社

先輩社員の声

アーバン工芸株式会社
K.Uさん 大学卒業後、東京での社会人経験を経てUターン就職

Uターン就職(市内で就職)を決めたのはなぜですか?

家業を継ぐためです。私は大学卒業後、東京で働いていました。東京での仕事、環境、人間関係は楽しく、当初は東かがわ市に戻らずに、東京で働き続けたいと考えていました。そういったなか、社会人4年目を迎える頃から帰省の都度、父が経営する会社について両親と話すようになりました。 そこで会社が抱える課題や、今後の行方等を話すうちに、東京での経験が必ず活かせると確信し、東かがわ市に戻ることを決断しました。また、幼い頃からものづくりや鞄(カバン)が好きだったということもあります。

Uターン(市内で就職)して良かったと思うのはどんな時ですか?

8年程1人暮らしをしていたので、実家暮らしのありがたみを感じています。 また、多くの旧友に会えたことも良かったですね。

東かがわ市で暮らし続けることに不安は?

まったくありません!高松にもすぐに行けますし、暮らしていくには十分な環境だと思います。

東かがわ市にUターンすることに対して家族の反応は?

当初は反対されていました。東京の職場は成長性のある業界だったので、そちらで働き続けることを望んでいるようでした。確かに、縫製業は成長産業ではないかもしれませんが、「良いものなら欲しい」という需要は永遠にあり続けると思いますし、全く違う業界にいた私だからこそやれることがたくさんあると思い、逆にチャンスだと感じていました。最終的には半ば押し切って戻ることを決断し、その決断には家族も喜んでくれました。

どういった仕事をしていますか?

現在は、製造工程の途中作業の手伝いをしています。初めてのことばかりで楽しいですし、何よりも鞄ができる工程が見えることに喜びを感じています。 ただ一方で、前職とは異なり限られた時間内でどれだけ生産性を上げるかという違った疲れも感じています。

入社前後でイメージが変わった点はありますか?

思っていたよりも、大きな企業との付き合いがあり驚きました。

働きながらやりがいを感じるときはどんなときですか?

以前はWEB広告の仕事をしていたので形ないものを扱っていましたが、今は実際に形のあるものを世に出す仕事をしているので、私としてはそこにやりがいを感じています。そう考えながら仕事をしていると、どんな作業をしていても楽しいです。

どういう会社にしていきたいですか?ご自身の夢は?

社員の皆さんにとって、日本一幸せだと感じてもらえるような会社にすることが夢です。

東かがわ市の「ここはいい!」というポイントは?

ご飯やうどんが美味しいことです。また、東京には無かった自然が多く素敵なところ、星がきれいなところなど東かがわ市に帰ってきて、改めてそのひとつひとつに感動しました。

東かがわ市でなければできなかったことは?

これは特にないですね(笑)

これから就職活動する後輩へ一言

すぐにやりたいことが見つからないときは、働きながら見つけていけばいいと思います。僕はそうでした。 最初はうまくいかないことばかりですが、一生懸命働いているうちに変わってきました。 もし迷っていたら一度お話しましょう!

このページの先頭へ