ホーム特集 › 百十四銀行白鳥支店

先輩社員の声

百十四銀行白鳥支店
S.Nさん 大学卒業後、就職して1年目

Uターン就職を決めたのはなぜですか?

私は進学で東京に住んでいましたが、自分自身が将来何をしたいのか決めることができず、原点である香川県に一度戻ろうと考えていました。そういったなか、就活中に東京で東日本大震災に遭い、交通機関の麻痺等を経験したこともUターン就職に向けたひとつの契機となりました。

Uターン就職して良かったと思うのはどんな時ですか?

困ったときは知り合いが地元にいますし、自分が育った地元なので生活しやすいことです。

どういった仕事をしていますか?

預金関係の仕事をしています。

入社前後でイメージが変わった点はありますか?

リクルーターから詳細な説明を受けていたことや企業研究を進めていたこともあり、イメージどおりでした。

あなたが思う会社の魅力は?

香川にとってなくてはならない会社というところです。

就活を振り返って、やって良かった点は?

会社のリクルーターの方と数多くお話した点です。就活の不安など様々なことをフランクに相談できてとてもよかったです。

東かがわ市の「ここはいい!」というポイントは?

ハマチの養殖、手袋の生産など世界に誇れるものを持っている点です。

市内でよく行くところは?

三本松高校のフェンシング場です。今年の12月にある全日本選手権の団体戦優勝を目指して練習しています。

ふるさとでなければできなかったことは?

家庭を持ったとき、周りに助けてもらいながら子どもを育てることができるという点です。

これから就職活動する後輩へ一言

就職に関するマニュアルに頼るのではなく個性(自分にしかないもの)をアピールして頑張ってください。

このページの先頭へ